• ホーム
  • 洗濯機とコインランドリーどっちがお得?

洗濯機とコインランドリーどっちがお得?

2020年04月25日

一人暮らしでは平日日中はなかなか洗濯のための時間をとるのが難しく、まとめ洗いを選んでいる方が多いのではないでしょうか。一人暮らしで洗い物の洗濯をするときには、コインランドリーを利用するか家庭用洗濯機を使用するのかいずれかの選択肢があります。洗い物のまとめ洗いをするときに、コインランドリーと過程用洗濯機を利用するのと、どちらのほうがコストパフォーマンスに優れているのでしょうか。まとめ洗いは一人暮らしの方にあっては、避けて通れない問題で、中長期的コストも気になるところです。それでは実際のところ、コインランドリーと家庭用洗濯機を利用したときの一回あたりのコストはいくらほどになるのでしょうか。

まずコインランドリーですが、乾燥機は10分当たり100円が相場です。乾燥機の容量などによって価格は若干異なりますが、10分あたり100円が基本相場なのは一般的傾向です。標準的な乾燥時間は20-30分程度になるので200円から300円ほどのコストになります。これに対して家庭用洗濯機の乾燥時間は、1KWあたりの電気料金に乾燥時間(家庭用では3時間ほど)、これに消費電力をかけることでコストは産出されますが、1回あたりは70円弱になります。単純にコインランドリーと家庭用洗濯機で洗い物を使用したときのコストは、後者がコスト的にかなりやすい印象を受けます。しかしこの試算においては洗濯機の購入費や洗濯する頻度などは考慮されていません。従ってどちらを利用するのが特なのかは、メリットとデメリットを踏まえて自己判断するほかないでしょう。

まずコインランドリーは大容量で迅速な仕上がりがメリットです。しかし自ら持ち込んで回収しなければならない手間があり、不特定の第三者が利用しているので誰がどのように使用したのか不明というデメリットもあります。そして家庭用洗濯機では持ち運ぶ手間はなく必要なタイミングで、いつでも洗い物を処理できるメリットがあります。一回あたりのコストも安上がりというのもメリットです。しかしながら乾燥時間が長いので洗濯の頻度が高いとコンスタントに済ませるのに難があるのと、ある程度まとまった購入費を工面する必要があるのはデメリットと言えそうです。これらの点を踏まえると、コインランドリーと家庭用洗濯機はどちらを利用すればメリットを享受できるかは、それぞれの方のラオフスタイルの違いに左右される部分が多いように見受けられます。