• ホーム
  • 独身の寂しさはペットで解消!

独身の寂しさはペットで解消!

2020年02月11日

一人暮らしはある意味、孤独な自分と向き合う側面もあります。独身生活では一人で過ごす時間が圧倒的に増加します。孤独に向き合うということは、人間性を成長させる側面もありますが、寂しい思いにとらわれすぎるのは精神面でもあまりこのましい状況ではありません。独身ならプライベートの時間を取れるので、友人などと顔をあわせるのもそれほど支障はないかもしれませんが、友人にも都合があります。寂しい感情を癒してくれる存在を周囲に見つけるのは難しいという事情があるわけです。恋人がいれば自分に愛情を向けてくれて、反対にこちらから愛情を傾ける存在にもなり精神面での安定もは枯れますが、多忙な日常におわれてパートナーを見つけるのも難しい方も少なくありません。独身の寂しさを癒してくれる存在にペットを飼ってみるという選択肢があります。屋内で飼育するペットには大別すると犬と猫が二大人気を誇ります。最近では猫のペット人気が上昇しつつあるようですが、賃貸物件などでは犬のほうが現実的なようです。それと言うのも猫はつめを木材で研ぐ習性があるので、キズだらけにすると退去時などに家主との間で原状回復を巡りトラブルになるからです。

この点、犬の場合は無駄吠えなどをしないようにしつければ、それほどの騒音にもならず、感情表現が豊かで人懐っこい性格の種類も豊富で、飼い主とのふれあいを好む性質があるので自然とスキンシップを図れるので寂しい感情を紛らせることもできるのもメリットといえます。しかし、犬にはサイズや性質などを踏まえると、多くの運動量を必要とする種類もあります。一人暮らしでは毎日の散歩なども必要で、サイズがおおきすぎたり、健康管理のために運動量が必要な犬種などを選ぶと飼育を継続するのに負担になる場合もあるので、人懐っこい性質で愛情表現豊かで互いにふれあいを気軽に持てるような犬をかうことのメリットを、実感できる種類を選ぶのが重要です。

しかし注意しなければならないのは、賃貸マンションでは管理規約でペット飼育に制限を加えられていることが多い点です。最近ではペット飼育可能の物件も増えていますが、依然として禁止されている法が多数を占めているといえます。独身の寂しさをまぎらせる上で、犬などのペットは魅力的な存在です。犬などのペットと生活を開始するには、飼育可能な条件などの前提条件をクリアすることが重要なので、新規に転居するなどの折に、物件情報のなかでペット飼育が可能かをチェックすることから始めてみることをおすすめします。