• ホーム
  • 防犯対策しないと一人暮らしは危険!

防犯対策しないと一人暮らしは危険!

2020年01月15日

一人暮らしでは防犯対策をとることは必須です。徳に女性の一人暮らしにはセキュリティ上のリスクが数多く存在しています。まず仕事や学校などで外出中は住まいは誰もいない状態が続きます。家族がいれば誰かが在宅している可能性が高いので空き巣被害のリスクは軽減されますが、一人暮らしではそうは行きません。錠前が旧式のものでさほどの高さもない物件なら、不法侵入なども用意です。外出時の移動距離を短縮できることで、二階などの低層階の人気が高いようですが、空き巣や不法侵入などのターゲットになりやすい事実は念頭に置くべきです。高層階に住んでいても、都市部などでは近隣の高層ビルなどから容易に覗くことが出来るので安心できません。親友窃盗犯のなかには屋上から、つたって高階層の部屋をターゲットにっする猛者も存在しているそう。たとえ高階層に住んでいても対策として窓などの施錠を忘れないことが大事です。建築後相当期間が経過しているような賃貸マンションでは、かぎなどもサムターン回し対策などが採用されていない場合もあるので、入居時に不動産会社などにかぎの交換などに対応してもらえないかの確認をすることをおすすめします。

また防犯対策は居住空間だけで完結することは困難です。家をでてから就業場所や学校などの目的地にたどり着くまでの道のりで警戒するべきセキュリティ要因はストーカーです。ストーカーの招待は湯人知人などの場合もありますが、なかには一方的に追慕の念を持ったまったく心当たりの無い人物の場合もあるようです。いずれにせよストーカーはターゲットの日常生活をつぶさに監視し、予想外の公道にでる危険性を秘めています。

なかには一定のエリアで、ターゲットになりえる人物を物色している可能性もあります。ストーカーは表立っての派手な行動にでるのは難しいので、活動時間も夜間などが中心です。場当たり的な不審人物であれば、不審者情報などが把握され、警察などで注意を呼びかける場合もあります。ストーカーにとって規則正しい生活パターンを把握出来るのは格好のターゲットになりえます。彼らの活動時間に姿を沙羅酢ことが無いように、例えば帰宅経路を不規則に変えてみるとか、人通りの少ない路地を回避するとか、防犯グッズなどを身につけるなど、幾重にも対策を済ませておくのがポイントです。周辺の人通りなどの状況を把握し、非常用に防犯グッズも活用することで効果的に自分の身を守ることにつながるはずです。